通うところをまずは選ぼう

鍼治療

人の身体に触れて施術をする鍼灸師になるためには、国家資格を取得しなければいけない決まりになっています。そして、国家資格を得るための試験を受験するには、国が指定した学校に通う必要があるのです。そのため、鍼灸師になりたいのなら、まずは鍼灸師になるためのカリキュラムを用意してくれている学校を探さなければいけません。4年制の大学を選ぶこともできますし、3年制の専門学校を選ぶこともできるので、自身の将来を考えて適切なほうの入試に挑戦をしてみましょう。ちなみに、入試の難易度だけを考えると3年制の専門学校のほうがずっと入学がしやすいので、大学受験が難しいと感じている方もチャレンジしてみることをおすすめします。

資料請求は必須

施術台

鍼灸師になるための学校にチャレンジしたいのなら、まずは各ホームページを訪れて資料請求をしてみましょう。そこには入試や試験料もバッチリと載っていて、申し込むための方法も詳しく紹介されています。現在では願書を学校まで送るのではなく、ホームページ上から申し込めるところもあるので都合のよいほうを選定しましょう。なお、ホームページにも申し込み方法は記載されていますが、学校の詳しい情報を得たいのなら、やはり資料は必須なので請求することをおすすめします。

1年目が高い

鍼と本

鍼灸師になるための学費は学校によって異なりますが、1年目は200万円弱はかかると考えたほうがよいでしょう。これは授業料のほかに入学金などが発生するからであって、2年目以降は安くなります。詳しい学費は学校のホームページや資料に載っているので、鍼灸師コースの情報に目を通してみましょう。1年目の金額はもちろん、2年目以降の金額も詳しく載っているため、卒業までにかかる学費をはっきりとさせたうえで入学ができます。

金銭面のサポートはいろいろある

鍼治療する女性

鍼灸師になるためにはそれなりに費用がかかるため、金銭面で学校に通うことに不安を感じる場合もあるでしょう。もしも、学校に通うための学費が心配ならば、ホームページでサポートがないか調べてみることをおすすめします。中には特待生制度を導入しているところもあり、学費の一部免除を行ってくれる場合があるからです。もしも、成績が優秀ならば、十分にチャンスがあるので特待生制度を活用してみることを考えてみましょう。また、成績が優秀はなくても、教育ローンや奨学金を利用することが可能かもしれません。学ぶために必要なお金を用意する方法はたくさんあるので、いろいろと調べて、自身に役立ちそうなものをチョイスしましょう。

広告募集中