HOME>イチオシ情報>志望校と成績から通う予備校を決めることが大事

授業の形式の違い

女性

医学部は大学入試において最も難しい学部であることが多く、何度もチャレンジしている人もいます。そんな狭き門である医学部の合格を勝ち取るためには学校だけの勉強だけでなく、予備校に通うことが必要です。なぜならば、医学部の入試問題で出題される問題は医学部で必要な思考力に基づいて出題されるからです。そのような問題と向き合うためには医学部予備校に通うことが有効な方法です。医学部予備校を選ぶときの違いとして、クラス授業か個人授業かの違いがあります。一般的な予備校と比較して医学部予備校はクラス制においても少人数制としていることが多いので、質問などもしやすい雰囲気となっています。得意とする科目はクラス授業で受講して、苦手な科目は個別指導という選択をすることができる予備校もあります。個別指導の方が生徒一人一人の進度に合わせているので苦手な科目の克服には有効です。予備校ごとにどのようなクラス編成であるかを知ることが大事です。

受験スタイルに合わせてある

女性

医学部予備校の特徴として志望する医学部に合わせてさまざまなクラスが用意されていることです。国公立大学を志望する場合と私立大学を志望する場合では受験科目が異なります。医学部の大学入試もさまざまな選択肢があり、学力試験だけではありません。例えば高校の成績で判断する推薦入試があります。推薦入試は高校における定期考査の結果などから判断します。そのため高校での学校生活がポイントですし定期考査で結果を残す必要があります。そのような生徒に対しては定期考査対策を優先します。また国公立大学志望であれば国語や社会の試験対策も行われますが、私立大学志望コースであれば国語、社会の授業はカリキュラムに組み込まれていません。

広告募集中